玄関ドアリフォームしよう!料金を知れば計画しやすい

玄関ドアリフォームの料金は一部か全体の工事かでも変わる

家の顔

家には必ず玄関が必要です。生活の大部分を過ごすところ、というわけではないですが、人を迎え入れる場所ですし、いわば家の顔でもあります。玄関ドアが古くなったら交換を検討しなければならないのも、玄関がそういった性質を持っているからです。

玄関ドアリフォームすればこんなメリットが得られる

玄関

気分が一新する

玄関ドアは家の顔でもあるので、古くなったらやはり変えたほうが気分が変わります。一戸建てであれば外壁の色を変えればその色に合わせて交換するという人も多いです。古くなったというわけではなく、気分を変えるためにリフォームすることもできます。

防犯しやすくなる

最新式の防犯技術を玄関ドアリフォームすれば取り付けることができます。今は鍵穴がない玄関ドアを作って、携帯電話やリモコンで開けることができるものも販売されているのです。配線工事が必要なので工事が大がかりになってくることが多いです。

ドアの開閉がしやすくなる

玄関ドアは長く使い続けていると、どうしても変形したり摩擦で劣化してきたりします。それによって開閉困難になり、しまいにはドアが閉じなくなってしまうこともあるのです。床や壁に工事をしなくても玄関ドアリフォームすることは可能です。

空調効率が上がる

家の中で空気が入ってきやすいところといえば、窓と玄関があります。そのため玄関リフォームを空調効率を上げるために使う人もいるのです。断熱ドアにすれば外の空気に左右されない玄関を作ることができ、ヒートショック現象も軽減します。

玄関ドアリフォームしよう!料金を知れば計画しやすい

策

料金の相場はどのくらい?

リフォームはお金がかかるというイメージがあります。しかし、玄関ドアリフォームのやり方次第で相場が変化するので注意しましょう。
例えば玄関ドアだけを交換する際に、ドア枠まで変えるのであれば最低25万円は必要です。しかし、それ以外にも玄関タイルを張り替えるなどの工事が必要なら、プラスで15万円かかります。行ないたい工事をしっかり把握しておくことが大事です。

玄関

材質やオプションによって変わる

平均的には玄関ドアリフォームの料金相場は25万円から高くて50万円ですが、玄関ドアに使われている材質でも変化します。
また、さらに防犯機能を付加するとなると、最新の設備なので通常よりも高い値段になってくるでしょう。

ホームページをチェック

玄関ドアリフォームの相場を確認した上で、材質や工事による違いが分かったのであれば、その次は必ず業者のホームページで料金を確認しておきましょう。オプションの付け方やプランに含まれている内容は、それぞれ業者で違います。